あの扉ひらくまで。ゆくのだ。

木製の椅子ユリカの日記。2013年は「やりたいことならしっかりと。」(facebookはシマダユリカで。そちらの方が更新してます)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/08 [Sat]

そろそろゆかねば

100508_162934.jpg

わたしは電話が苦手であるのであまり自分から連絡をしたりしないのだが、気分がよくなると妙な時間(迷惑な時間ともいう)にぴっぴっと発信ボタンを押してしまったりすることもあるのである。これはおそらく相方のエムザワの悪癖に感染してしまったせいだと思われる。あの人も夜中にナポリタン食べたいとかふざけた内容の電話をけっこーしてるみたいだ。昔からそうだ。そう考えると木製ってめんどくさくて迷惑なバンドだなぁ。でも今週はちゃんとした時間にいろんな人と電話で話すことが多かったな。

モミーちゃんとは電話で終わらず会っていろいろ話した。ノリとタイミングが合う人っている。ほぼ木製について。木製本人のわたしよりモミーちゃんの方が熱心に木製を語ってくれた。ミーハー論など。愛を持って分析してくれるモミーちゃんとの話はとても面白い。外からの言葉は時に内側ど真ん中を通り抜けるから。ありがとう、また公園で呑みましょう。

友人との長電話の中でいわゆる自己啓発系の話になった。わたしはそういうのを読んだり調べたりした事はないけれど、ここ何年かは自分の中で芯にしている考え方はあるなぁと。「かたちあるものないもの全て、生まれたものは必ずなくなる」「物事はすべて起こるべくして起こっているのだからすべて受け入れて過ごす」とか。シンプルにシンプルに。でもその友人と話していて気がついたけど、すべて受け入れるってことはつまり抵抗の放棄であって、ものを生み出す人間が抵抗の放棄を軸に生きていていいんだろうか。というか果たしてそこから何か生まれるんだろうか。そんな直球な疑問が生まれてしまった。その考え方方自体に逆に縛られているのかも、と最近感じていたこともあって、あれ?わたしったらシンプルに生きようと思ってるのに自分で自分をめんどくさくしているのかも?とか。昨日の今日なのでもちろん結論はまだ出ていない。まぁいろいろ考えながらいこう。答えがわかろうがわかるまいが毎日は過ぎてゆく。そして毎日しなくちゃいけない事はたくさんあって、泡みたいに生まれては消えてゆく思考、感情もたくさんある。それが日々ってもんだ。止まる事はないんだ。

さて週末ですよ、がんばろう。もうお家の事はぜんぶ終わったのだ。あとは木製の椅子の為だけの土日にするのだ。つくろう歌おう生み出そう。まずは週末のアコースティックライブに向けての練習だ。きてね!


-----------------------------------------------
5/15(土)@経堂minoru

木製の椅子 アコースティックワンマンライブ
『KEEP OUR SOUL-with GO GO HOUSE-』
open 18:30/start 19:30 ¥2.000(ticket+1drink)
openig act:wami

☆ご予約いただいた方にはもれなく、GO GO HOUSEのオマケつきのため
 要予約でお願いします→info@mokuseinoisu.comまでメールしてね。
-----------------------------------------------
GO GO HOUSE 展示販売会
『HANDSHAKING』
2010年5月13日(木)-17日(月)
12:00―21:00
アンティークスタジオみのるにて
-----------------------------------------------

この記事のトラックバックURL

http://mokusei317.blog31.fc2.com/tb.php/361-524a3c8e

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。