あの扉ひらくまで。ゆくのだ。

木製の椅子ユリカの日記。2013年は「やりたいことならしっかりと。」(facebookはシマダユリカで。そちらの方が更新してます)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/24 [Wed]

オザシキ!vol.01

写真(1)

今の自分のまわりの環境をフル活用して、今の木製だからできることをしたい。

数年前まであった"木製のイメージはこうだからこうしてなくちゃだめだ"っていう

自分の中での縛りがほどけた今だからこそ出来る、面白いことをしたい。

それでもってみんなをわいのわいのと繋げたい。

それが今回の『オザシキ!vol.01』でした。



そんなことを考えている時に出会った大阪屋4代目のヤスくん。

トントンと話がすすんで、ごく自然にイベントのイメージが湧き出てきて、

あっという間にオザシキ!の全体像が出来上がった感じ。

いやほんとに数年前なら昼間のお座敷であんなアットホームなイベントを主催するなんて

考えもしなかった。タイミングの奇跡!



この空間にぴったりはまるアーティスト、なおかつこの企画を面白がってくれる人、ということで

ギター弾き語りのシンガーソングライター・カラトユカリちゃんに声をかけたらば

案の定二つ返事でのっかってきてくれて、

ありがたいことに25名の限定チケットもすぐにSoldoutになり、

当日の会場の雰囲気もまさにイメージしていた通りのもので、

はっきり言ってひとつのブレもなく開催できたイベントになりました。



見知らぬひとたちが肩寄せながら、気がついたら乾杯して笑い合ってる。

その光景を見たかったの。

ふふふ、見れちゃったよ。完璧に見れちゃった!



お越しいただいた皆さまの笑顔を信じてよいのならば、

あの時間、あの空間は完璧にひとつになれていたと思います。

最高でした。どうもありがとう!



お疲れさまメールのやり取りの中で、ヤスくんがこう書いていた。

「お酒と音楽は人と人とを繋げてくれるすばらしいツールだと思います」

うん、今回それを実感できました。

木製はお酒がなくちゃ語れない音楽だし、

お酒の場でこそ力を発揮できるんじゃないかと思っている。

だけどそのお酒の場っていうのは、夜のバーとかそーゆー限定された空間ではないんだなと。

どこだってなんだって出来る気がする。やっとそんなことを思えるようになってきましたよ。



大阪屋さん、カラトちゃん&アカネちゃん、お手伝いしてくれたみんな、

来てくれたお客さん、木製のサポートをしてくれているお三方、

本当にありがとうございました。

また面白いこと共有しましょう!やるね、『オザシキ!vol.02』!

次回も大阪屋に集合ってことでひとつよろしくです!

001.jpg

写真(4)

写真(5)

554664_442693019152250_1279098742_n.jpg





この記事のトラックバックURL

http://mokusei317.blog31.fc2.com/tb.php/460-ee889ea8

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。